三条市総合運動公園

CSV(Creating Shared Value)共通価値創造の可能性

CSV(Creating Shared Value)


CSVとはCreating Shared Valueの略。「共通価値の創造」という意味で、マイケル・ポーター教授がハーバード・ビジネス・レビューで提唱した概念です。企業の事業活動を通じて社会的な課題を解決し、「社会価値」と「企業価値」を両立させようとする考え方です。「社会的問題・課題解決のビジネス化」とも言われます。

マイケル・ポーター教授によると、CSVには「製品と市場を見直す」「バリューチェーンの生産性を再定義する」「企業が拠点を置く地域を支援する産業クラスターをつくる」という3つのアプローチがあります。

自社の事業内容に関連した社会問題の解決に取り組めば、自社のノウハウを活かすことができ、最終的には社会と共有できる価値創造として、新たなノウハウやスキルを得ることができます。このようにして培った関係や技術は真似しづらいので、他企業に差をつけることができ、企業の競争力の差につながるため、最終的には経済的な利益をもたらします。


Copyright © 2008-2021 Marutomi Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ページの先頭へ

MENU